小アルカナ解説

ペンタクルの2/TWO of PENTACLES タロットカードの意味と象徴の解説

ペンタクルの2/TWO of PENTACLES タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 5 分で読めます。

タロットカード 小アルカナ『ペンタクルの2/TWO of PENTACLES』の解説です。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ペンタクルの2 に描かれている内容

大道芸人が無限大の形をした紐(リボン)に繋がった二つのペンタクル(金貨)を操っています。
後ろには、大きく波打った海を進む大小の二隻の船が描かれています。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

TWO of PENTACLES/ペンタクルの2
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。

1. 二つのペンタクル(金貨)を操る大道芸人

無限大のマーク(レムニスケート)は、大アルカナの1番の魔術師や8番の力のカードにも出てきました。

大アルカナの無限大のマークは無限の可能性と捉えていましたが、このカードでは無限と言うよりも、繰り返しや永遠、永続などと捉えます。

二枚の金貨は二項や二重性を表わします。この金貨(ペンタクル)を、そのまま『お金』と捉えるなら支出と収入です。
解釈を広げれば、失敗と成功などとも考えられます。

ペンタクルの2のカードは、それらが繰り返す、または続いていくことを暗示しています。
さらに、支出から収入へ、失敗から成功へと変わっていく様から、『変化』と捉えることもあります。

また、ペンタクルを操る大道芸人は動きが軽やかです。
この姿を『陽気さ・楽しむ姿』と捉える場合もあれば、『気晴らし』と捉える場合もあります。

どちらにしても、衣服の色が赤いことから情熱を持っていることに間違いは無さそうです。

2. 波打った海を進む二隻の船

波打つ海は、感情の起伏や変化を表わします。
ワンドやソードの2で出てきた海は穏やかでした。
しかし、このカードでは海が荒れおり、バランスの不安定さを物語っています。
その為、二隻の船は臨機応変な対応が求められています。

ただし、荒れた海を進む船は未来を示唆する右を向いていますので、変化に対応しながら未来に向かって進んでいることも暗示しています。

スポンサーリンク

ペンタクルの2 の考察

ペンタクル(金貨)のスート、2(数字)と関連付けられている事象

ペンタクルのキーワード 物質、お金(財産)、仕事、実績、人脈、現実、など
四大元素・精霊 地(土)・ノーム
2 調和、組み合わせ、二重性、など。

※小アルカナのスート、数字などの基本解釈は 小アルカナ解説をご覧ください。

ペンタクル(金貨)のスートは、物質や現実的な事象を象徴しています。
一般的には、お金(財産)や時間など、現実的なモノ・コトを示唆します。

このカードには大道芸人が描かれているため、占う内容によっては、芸人に必要な知識や技術、報酬など、何かしら”芸人”と関係あるものを暗示している場合もあります。

『2』は調和や組み合わせ、二重性を意味する数字です。
ペンタクルの『2』は、調和やバランスよりも、二重性(二項)の意味合いが強いかと思います。

理由としては、カップやソードの『2』は、バランスが”取れている”状態でしたが、このペンタクルの2のカードはバランスを自分で”取っている”状態だからです。
それに加えて、金貨を操ることによる『変化』も二重性と繋がりを持つ理由のひとつです。

スートと数字、カードの寓意画から受け取ることができる意味としては、物質または現実、実績、二重性(二項)、変化、継続、などがあります。
また、ペンタクルは女性性の象徴で主に受動的な性質です。なので、相手に合わす柔軟性も必要です。

リーディングそのものは、深く考えずに寓意通りで構いません。
占う内容にもよりますが、継続は力、繰り返し学ぶ、臨機応変、やりとりは続く、などをベースに解釈を広げると良いでしょう。

逆位置の場合は、バランスが取れない、長続きしない、期待できないやりとり、などと捉えることもできますし、ポジティブ要素からネガティブ要素への変化(例えば収入後に支出がある)などとも捉えることができます。
また、陽気を演じる、楽しんでいるふりをするなどともリーディングできます。

※参考:タロットカード逆位置の考え方とリーディングのコツ

ペンタクルの2 のキーワード

正位置のキーワード

繰り返し続ける、臨機応変、相手に合わす、結論は出せない、意見交換、柔軟性、変化、適応、ルーチンワーク、エンターテイメント、マルチタスク、など。

逆位置のキーワード

マンネリ化、バランスが悪い、噛み合わない、態度を演じる、その場しのぎ、資金繰りに困る、前に進まない、浮き沈みが激しい、シングルタスク、など。

以上、タロットカード小アルカナ『ペンタクルの2/TWO of PENTACLES』の解説でした。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

ペンタクルの2 の解説動画

Youtubeでも『ペンタクルの2』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

カード解説リンク一覧

大アルカナ

0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊るされた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ

ワンド:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

関連ページ
error: Content is protected !!