スポンサーリンク

TWO of WANDS/ワンドの2【占い】タロットカードの意味と象徴の解説

TWO of WANDS/ワンドの2 棒 - ワンド
この記事は 約6 分で読めます。
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
(無断転載は法律違反です。発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

こんにちは。心斎橋の占い師「現 道晶@gen_micihiaki)です。
今回は、タロットカード 小アルカナ「TWO of WANDS/ワンドの2」の解説です。

タロットカード 小アルカナ「TWO of WANDS/ワンドの2」

TWO of WANDS/ワンドの2

1. タロットカードに描かれている内容

城壁の上に立つ人物が遠くを見つめています。
右手には地球儀を、左手にはスートの棒を持っています。
背景には海や森、山々、街が描かれています。

2. 寓意・象徴(シンボル)の解釈

スート、数字などの基本となる小アルカナの解釈は 小アルカナ【占い】タロットカードの解説をご覧ください。

1. 城壁(お城)と百合と薔薇の十字
城壁(お城)は、自分が築き上げた実績、成果を表わします。
左下の百合と薔薇の十字は、受動性と能動性、理性と野望(情熱)のバランスが取れている事を示唆しています。
この城壁(お城)は、ワンドのエースに描かれていたお城と言う説もあります。

2. 城壁の上に立つ人物
この人物は商人とも資産家(実業家)とも言われています。その為、精神的(感情的)なことではなく物質的な成功(社会的地位)を示唆します。
また、過去を示す左側を向いていること、実績を示す城壁の上に立っていることから、これまでの行いや築き上げた実績、立場が基盤となることを示します。

彼は遠くを見つめています。
これは、未来に対しての計画や構想を練っている、または自分の夢を思い描いている姿です。
場合によっては、遠距離、外国、視野を広くなどとリーディングすることもあります。

余談ですが、タロット公式テキストをはじめ、色々な書籍等でこの人物画をアレキサンダー大王の病いや悲しみなどと重ねて解説しています。
この解説をどう捉えるかは人によって変わると思いますが、僕の場合は主に逆位置でその解釈を採用します。正位置の場合は、犠牲の上に成功を掴むと言うようなリーディングをすることが稀にあります。

3. 二本の棒(ワンド)と地球儀
本の棒(ワンド)は、一本は左手に、一本は城壁に括りつけられています。
これは二者択一を示唆しますが、単純に「選択」と考えても良いでしょう。

右手に持つ地球儀は、自分が築き上げた世界です。
これは城壁と同じく実績や成果を意味します。ですが、未来を表わす”右”手に持っていることから、「築き上げた現状」の未来を見ていると捉えることができます。
また、遠くを見つめる姿と同じく、グローバル(広い)視点を持つ、高い視点から見るなどと捉える場合もあります。

4. 背景の海や森、山々、街
城の上から見渡せる景色は彼の領土でしょうか。または、これから訪れる、葛藤や試練、喜びなどでしょうか。
海は「心理(感情)面」、山は「試練」、森は「実り」、街は「物質面」などを示唆します。
背景色のグレーは「ニュートラル」を意味します。

リーディング時において、背景の絵柄はあまり気にする必要は無いかもしれません。
あえて言うなら、「まぁ、この先も色々あるよ」って感じで読むことが多いです。

3.「TWO of WANDS/ワンドの2」の考察

ワンド(棍棒)のスート、2(数字)と関連付けられている事象

キーワード エネルギー、活力、成長、創造、情熱、など
四大元素・精霊 火・サラマンダー
2 調和、組み合わせ、二重性、など。

ワンドは、四大元素の火と関連があるため、情熱、熱意、エネルギーなどを表します。また、男性性の象徴でもあり、主に能動的な動きを示唆します。

「2」は調和や組み合わせ、二重性を意味する数字です。
ワンドの「2」は調和よりも、二項対立等の組み合わせと捉え、二者択一での選択と解釈するのが自然かと思います。

スートと数字、カードの寓意画から受け取ることができる意味としては、情熱、創造、選択、立場、成功などがあります。

ただし、カードに描かれている人物に動きはありません。ですので、どちらかと言うと「行動(アクション)」を表わすのではなく、今の自分の立場、もしくは状況(環境)を踏まえた上で、この先の計画を練る、その為の選択をする、など「考えること」が必要だと言うことを教えてくれています。
ワンドのスートに従うなら、「自分の情熱の赴くままに未来を思い描きなさい」と言った感じでしょうか。

ワンドの「2」は「選択」を示唆する解説が多いように思いますが、僕の個人的な見解では、右側の棒(ワンド)が城に括りつけられていることから、大きな意味で、どちらのワンドも自分のものにしていると捉えることがあります。もしくは今の立場を作る上で、すでにひとつの選択をしていると捉えることもあります。

また、寓意画の説明でも書きましたが、遠距離や外国に関係したリーディングをする場合もあります。カードの下半分に寓意画が集中していることから、足場を固めると言うようなリーディングをしたりもします。

ですので、個人的にワンドの「2」は占う内容や前後のカードとの関係性によって、受け取り方が結構変わります。ここで解説した内容から、かなり広げた解釈をする場合もあります。
この辺が机上での勉強と実践の違いと言えるかもしれません。

逆位置の場合は、未来志向になれず現状に満足してしまう、成果につながらない計画、優柔不断で選択ができない、などと捉えることもできますし、アレキサンダー大王に比喩されるように、成就されない計画、トラブル、驚き、悲しみなどと捉えることもできます。

このカードは色々な要素が詰まっているため、勉強すればするほど、難しく感じてしまうかもしれません。

参考:↓逆位置の基本的な考え方
タロットカード逆位置の解釈方法(読み方・考え方)

4.「TWO of WANDS/ワンドの2」の正位置、逆位置のキーワード

正位置
計画・構想を練る、理想と現実のバランスが取れている、展望が開く、物事を俯瞰して見る、自分の望む選択、野望、勇気、成功、など。

逆位置
計画・構想は成果が出ない、理想と現実のバランスが取れていない(実力不足)、選択ができない(優柔不断)、過信、トラブル、ハプニング、怖れ、など。

以上、タロットカード小アルカナ「TWO of WANDS/ワンドの2」の解説でした。
※リーディング例、キーワード例は、ほんの一部です。
僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

占い師の現
占い師の現
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

カードに描かれている象徴と意味の解説
大アルカナ
0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊られた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ
スートとコートカード、数字の解釈について

ワンド:エース2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:エース2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:エース2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:エース2345678910ペイジナイトクイーンキング

独学で覚えるタロット占いのトップページに戻る


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
(無断転載は法律違反です。発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

テキストのコピーはできません。