タロット本のレビュー&感想

タロット本のレビュー&感想 タロット本のレビュー&感想
タロット本のレビュー&感想

【MASTERING THE TAROT 自在タロット/イーデン・グレイ】をレビューしてみた

今回紹介する自在タロットは、別冊の啓示タロット、皆伝タロットと合わせて、イーデン・グレイの3部作と呼ばれており、その3冊目の本になります。イーデン・グレイのこれらの解説書は、1960年以降のタロットを学ぶ人たちにとっての指導書となった本です。
タロット本のレビュー&感想

【A COMPLETE GUIDE TO THE TAROT 皆伝タロット/イーデン・グレイ】をレビューしてみた

今回紹介する皆伝タロットは、別冊の啓示タロット、自在タロットと合わせて、イーデン・グレイの3部作と呼ばれており、その2冊目の本になります。 イーデン・グレイのこれらの解説書は、1960年以降のタロット(本書ではニューエージと表現されてます)を学ぶ人たちにとっての指導書となった本です。
タロット本のレビュー&感想

【THE TAROT REVEALED 啓示タロット/イーデン・グレイ】をレビューしてみた

啓示タロットの著者イーデン・グレイは、あのレイチェル・ポラックも影響を受けた、タロットの母と呼ばれる人物です。今回紹介する啓示タロットは、別冊の皆伝タロット、自在タロットと合わせて、イーデン・グレイの3部作と言われており、1960年以降のタロット(本書ではニューエージと表現されてます)を学ぶ人たちにとっての指導書となった本です。
タロット本のレビュー&感想

【タロットの書 叡智の78の段階/レイチェル・ポラック】をレビューしてみた

タロットの書 叡智の78の段階についてのレビューと感想です。本の内容としては、大アルカナ、小アルカナ、リーディングの三部構成になっており、それぞれをいくつかの章ごとに分けて詳しく説明されています。 タロットカードをある程度理解している人にとっては、ぜひ読んで欲しい一冊なのですが、占い初心者にとっては、非常に難解な本で買って後悔する可能性も否めません。
タロット本のレビュー&感想

【タロットバイブル 78枚の真の意味/レイチェル・ポラック】をレビューしてみた

タロットバイブル 78枚の真の意味についてのレビューと感想です。この本の内容はシンプルで、タロットカード78枚の全てのカードの説明をメインとなっています。 一応、スプレッドに関する記述もありますが、ほんのオマケ程度で、基本的にカードの説明以外は期待してはいけません。 ある意味、コンパクトにカードの説明だけに特化させた本だと思えば良いでしょう。
タロット本のレビュー&感想

【タロット公式テキストブック/アーサー・E・ウエイト】をレビューしてみた

タロット公式テキストブックについてのレビューを書いてみました。基本的には、アーサー・E・ウエイトの意図をしっかり理解したい人に向けた本です。タロットカードをきちんと学びたい人は持っておきたい一冊ですが、途中にも書いたように、これ一冊あればOK!というような内容ではありません。 ですので、これからタロットを勉強しようと考えている人は、一冊目に購入するのではなく、二冊目もしくは三冊目あたりに購入するのがベストかなと思います。
テキストのコピーはできません。