小アルカナ解説

カップの6/SIX of CUPS タロットカードの意味と象徴の解説

カップの6/SIX of CUPS タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 5 分で読めます。

タロットカード 小アルカナ『カップの6/SIX of CUPS』の解説です。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

カップの6 に描かれている内容

黄金に輝く古い庭園の中で、男の子が百合の花が入ったカップを女の子に渡そうとしています。
子供たちの奥にはお城へと向かう衛兵らしき人物の姿もあります。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

SIX of CUPS/カップの6
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。

1. 二人の子供と百合の入ったカップ

古い庭園の中にいる二人の子供は、過去と記憶を表わすとされおり、ウエイトはこれを過去を振り返る、すでに存在しないものなどと説明しています。

白い百合は純粋さや女性性を表わします。
カップに入っていることから、美化されていると捉えることもできます。

男の子がカップを渡す姿から、プレゼント、贈り物などとも解釈できます。
また、思い出そのものが過去からのギフトだとする考え方もあります。

男の子は変容を表わす青と情熱の赤の衣服を着ています。
これは、今とは違う、情熱を持っていた過去の姿のようです。

女の子はさらに黄色の服を着ています。
幸福を意味する黄色ですから、この子供たちの姿からは、あの頃は良かったと過去に思いを寄せる暗示と考えられます。

[スポンサーリンク]
VoCEコスメランキング洗顔料部門 第1位!「どろあわわ」ほぐし洗顔で透明やわらか肌へ

2. 古い庭園と後ろ姿の衛兵

この古い庭園は黄色とグレーで描かれています。
グレーの屋根から廃屋と説明している書籍も多く、この家そのものも過去として捉えています。

まぶしい黄色の壁と合わせると、ここでも幸せな思いで、美しい記憶などとリーディングできます。

カードの一番奥に書かれているお城につづく石畳の上を歩く大人の姿は、過去から未来へと向かう姿とされています。
これは、カードの手前から奥に向かって、過去、現在、未来と時間軸を表わしています。

ちなみに、未来へと向かう大人の過去の姿が、手前の男の子だと考える説もあります。

スポンサーリンク

カップの6 の考察

カップ(聖杯)のスート、6(数字)と関連付けられている事象

カップのキーワード 感情、幸福、愛、友情、優しさ、美、受容、など
四大元素・精霊 水・ウンディーネ
6 協調、コミュニケーション、バランス、など。

※小アルカナのスート、数字などの基本解釈は 小アルカナ解説をご覧ください。

カップは、四大元素の水と関連があるため、感情、感性、意識などを示唆し、芸術などの分野では『美』を象徴することもあります。
また、女性性の象徴でもあり、主に受動的な性質を示唆します。

『6』は協調、コミュニケーションを意味する数字です。

スートと数字、カードの寓意画から受け取ることができる意味としては、幸福、感情、協調、コミュニケーション、思い出、過去の記憶などがあります。

[スポンサーリンク]
ロリポップなら月々110円から!WordPressも簡単インストール!
占い師のホームページやブログの作成にも最適♪

正位置では、過去の思い出や約束、幼馴染や初恋相手、旧友、初心を思い出す、変わらない思い、などとリーディングできます。少しネガティブに美化された思い出などと捉えることもできます。
恋愛相談の場合、初恋相手の姿に重ねていると言う見かたもありだと思います。

このカードは『過去』と言うキーワードの意味合いが強いので、どうしても昔の事に視点を向けがちですが、『慣れない場所で遊ぶ子供たち』と見ることで、『新しい関係や環境をあらわすカードとなる』とウエイト先生は説明しています。
ですから、占う内容や相談者の状況によっては、現在と未来の視点を持つと良いでしょう。

逆位置の場合は、子供っぽさや幼稚さ、過去にしがみつくなどとリーディングすると良いでしょう。

また、カードを逆位置にすることで未来を意味するカードの右側に、未来へと歩く男性の絵がくることになります。
なので過去から未来への時間軸の関係が強調すると捉えることもできます。
例えば、温故知新や過去からの成長、刷新、更新などです。

※参考:タロットカード逆位置の考え方とリーディングのコツ

カップの6 のキーワード

正位置のキーワード

過去を振り返る、美しい思い出、今はもう存在しないもの、昔の約束、過去の記憶に従う、子供心、純粋な気持ち、初心に戻る、プレゼント、故郷、美化する、新しい関係を築く、など。

逆位置のキーワード

過去にとらわれ過ぎる、過去の繋がりを捨てる、子供じみた考え、過去の経験を活かす、成長する、アップグレード、モデルチェンジ、まもなく訪れる未来、など。

以上、タロットカード小アルカナ『カップの6/SIX of CUPS』の解説でした。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

カップの6 の解説動画

Youtubeでも『カップの6』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

カード解説リンク一覧

大アルカナ

0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊るされた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ

ワンド:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

関連ページ
error: Content is protected !!