小アルカナ解説

ペンタクルの3/THREE of PENTACLES タロットカードの意味と象徴の解説

ペンタクルの3/THREE of PENTACLES タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 5 分で読めます。

タロットカード 小アルカナ『ペンタクルの3/THREE of PENTACLES』の解説です。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ペンタクルの3 に描かれている内容

教会の中で、設計図を持った修道士と修道女が彫刻家(または石工職人や建築家)に指示を出しています。

このカードのペンタクルには色がついていません。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

THREE of PENTACLES/ペンタクルの3
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。
※解説の都合上、同じ番号が複数あります。

1. 彫刻家と僧侶と尼僧

カードの左の人物は彫刻家とされていますが、石工職人や建築家と考えても問題はありません。
彼は、彫刻の最後の仕上げをしているとも、教会の修理をしているとも解釈されていますが、単純に職人の作業姿と考えればよいでしょう。
これは、仕事や作業を示唆するだけでなく、技術や芸術、専門職、職人芸などと捉えることができます。

彫刻家の服装を見てみると、グレーの服と青のズボン、黄色の前掛けを身に着けています。グレーは主に中立、ニュートラルを意味しますので、与えられた指示通りに作業をすることを意味していると考えられます。

黄色や青は、仕事に対する気持ちの表われです。
この仕事は名誉ある仕事であり、喜びを感じているようです。

右側奥の男性は修道士または司祭とされています。
彼の服装はグレーのみです。
彼は設計図通りに指示を出し、設計図通りに完成すると思っているのでしょう。
修道士は男性性と能動性を意味します。

右側手前の修道女の服装は鮮やかな色をしており、設計図通りの完成を心待ちにしているようです。修道女は女性性と受動性を意味します。
※この修道女は、設計士や教会を建てる(修理する)為の費用を出す信者とする説もあります。

彼らは三人で教会を作り上げると言う仕事をしています。
これはチームワークや信頼などを意味します。

計画を意味する設計図を持っていることから、プロジェクトチームや同じ目的を持つ仲間などとも考えられます。

2. グレーのペンタクルと建物、黒くて見えない教会の中

他の数札やコートカードでは黄色で描かれているペンタクルですが、このカードのみグレーで描かれています。

ここでは報酬よりも、プロジェクトそのものや職人の持つ技術の方が重要なようです。
報酬は少なくとも名誉ある仕事、この仕事によって技術が注目される、職人としての名前が売れると言った捉え方ができます。

教会の奥は暗く、その中が見えません。
これは秘密や理解できないことを意味しており、職人だけが持つ高度な技術やプロジェクトの秘匿性などを意味します。

スポンサーリンク

ペンタクルの3 の考察

ペンタクル(金貨)のスート、3(数字)と関連付けられている事象

ペンタクルのキーワード 物質、お金(財産)、仕事、実績、人脈、現実、など
四大元素・精霊 地(土)・ノーム
3 表現、成長、結束、三相、など。

※小アルカナのスート、数字などの基本解釈は 小アルカナ解説をご覧ください。

ペンタクル(金貨)のスートは、物質や現実的な事象を象徴しています。
一般的には、お金(財産)や時間など、現実的なモノ・コトを示唆します。

『3』は表現、成長、結束、三相を意味する数字です。ここでは主に結束や異なる三相の集まり(三位一体)と考えられます。

スートと数字、カードの寓意画から受け取ることができる意味としては、仕事、実績、結束、計画、名誉などと考えられます。

[スポンサーリンク]
取り扱い400種類以上のドメイン取得サービス─ムームードメイン─

[スポンサーリンク]
ロリポップなら月々110円から!WordPressも簡単インストール!
占い師のホームページやブログの作成にも最適♪

また、このカードには彫刻家(職人)が描かれているため、技術や知識、熟練、専門性とも関係しています。

ウエイト先生は、このカードとペンタクルの『8』のカードを比較しており、ペンタクルの『8』での努力、身に着けた技術で、この『3』のカードの仕事を任されたとしています。

リーディングにおいて多くの場合は、相談者をこの彫刻家に見立てます。

逆位置の場合は、未熟さを意味し、技術不足や計画力の不足、不適合な役割などと捉えられます。
信用の失墜やチームワークの不和、技術、知識の出し惜しみなどとも考えられます。
場合によっては平凡であること、普通であることも暗示します。

※参考:タロットカード逆位置の考え方とリーディングのコツ

ペンタクルの3 のキーワード

正位置のキーワード

仕事上の技術、専門性、職人芸、熟練、協力、チームワーク、プロジェクト、共同作業、実績、取引、計画的、建設的、名誉、栄光、報酬よりも参加することに意味がある、など。

逆位置のキーワード

技術不足、計画の失敗、報酬優先、信用を失う、技量に合わない役割分担、契約の延期、中途半端、まとまりの無さ、未完成、狭量、無責任、平凡、普通、など。

以上、タロットカード小アルカナ『ペンタクルの3/THREE of PENTACLES』の解説でした。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

[スポンサーリンク]
電話占い<ウィル> 3000円分無料キャンペーン中!

最大5,000円分のポイント無料プレゼント!【電話占いヴェルニ】

ペンタクルの3 の解説動画

Youtubeでも『ペンタクルの3』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

関連ページ
error: Content is protected !!