小アルカナ解説

ソードの10/TEN of SWORDS タロットカードの意味と象徴の解説

ソードの10/TEN of SWORDS タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 6 分で読めます。

タロットカード 小アルカナ『ソードの10/TEN of SWORDS』の解説です。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ソードの10 に描かれている内容

湖のほとりで10本の剣が突き刺さった男がうつ伏せに倒れています。
山から朝日が昇りはじめ、夜は明けようとしています。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

TEN of SWORDS/ソードの10
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。

1. 剣が刺さり、倒れている男性

身体に剣が突き刺さって死んでいるような絵ですが、ウエイト先生は、このカードを『暴力による死を意味するカードではない』と解説しているため、肉体が滅ぶと言う意味の一般的な『死』を表わしているとは考えません。

ここでの剣は、投げかけられる言葉や通告などを暗示することが多く、それを受けて『終わった…』と絶望する状況を意味しております。
簡単に言うと、別れ話や契約の中止、ペナルティ通告を受けると言ったところです。

また、倒れている男性に掛けられている赤い布は情熱を意味しますが、剣はその布ごと突き刺しているため、情熱すらも残らないことを意味します。

極めてネガティブな絵柄であり、完全敗北、絶望、破滅、辛く苦しい状況などを示唆します。

余談ですが、倒れている男性の手は、大アルカナ『5.法王』に描かれている法王の手の祝福のサインとよく似ています。
この祝福のサインをどう捉えるかは人によって変わります。
特に明言された解釈の仕方は無いので、自分の感じるままに読み取ってください。

僕自身は、来世(次の展開)に祝福を祈るとか、敗れはしたが自分の信じたモノの為に戦った(殉教や殉職のような意味)、などと解釈します。

[スポンサーリンク]
クラフトチョコレート専門店の上質な味わいの【ガトーショコラ】

2. 黒い空と黄色い空

黒い空は、不運や絶望、終わりを、黄色の空は希望や未来を意味し、絶望の後に、希望がやってくることを示唆しています。

3. 波ひとつ立たない湖

水は感情を表わしますが、波ひとつ立っていないことから、立ち向かう心や抗う心はすでに無くなっていると捉えることができます。

スポンサーリンク

ソードの10 の考察

ソード(剣)のスート、10(数字)と関連付けられている事象

ソードのキーワード 戦い、力、困難、決断、勇気、理性、情報、不運、など
四大元素・精霊 風・シルフ
10 完了、次世代、希望、など。

※小アルカナのスート、数字などの基本解釈は 小アルカナ解説をご覧ください。

ソードは、四大元素の風と関連があるため、風の象徴である知性や理性、冷静なども示唆します。
また、ワンドのスート同様、ソードは男性性の象徴でもあり、主に能動的な性質です。

『10』は完了、次世代、希望、などを意味する数字です。

スートと数字、カードの寓意画から受け取ることができる意味としては、困難、不運、葛藤、完了、絶望、などです。

ソードの『10』の正位置は、『絵によって示される意味』とタロット公式テキストブックの中でウエイト先生が解説しています。
ですので、『肉体的な死ではない』ということだけ念頭において、絵柄から感じるままにリーディングするとよいでしょう。

ただし、小アルカナは日常的な事柄を示すとも言われており、大アルカナのように人生においてのターニングポイントとなるような、大きな絶望を表わすものではないという解釈もあります。

絶望や終了といったネガティブ極まりないカードではありますが、それらは一時的なモノであり、人生を左右するほどのものではないことをアタマに入れておくと良いでしょう。

逆位置の場合、『永続性のない』有利さ、成功などと、ウエイト先生は説明しています。

これは、一時的に状況は良くなることや、よい兆しが見える、夜が明け始める、などと捉えることができます。
完全に回復するまであと少し、今が自分を変える時、などと言うようなニュアンスのリーディングとなります。

最後に、キーワードだけが載っている書籍などで覚えようとすると、ソードの『9』と『10』は同じようなカードだと感じることがあるかもしれません。

同じキーワードでも、カード全体を見比べると、意図するところの違いはわかると思いますので、迷ったら、きちんと絵柄を見比べてみましょう。

※参考:タロットカード逆位置の考え方とリーディングのコツ

ソードの10 のキーワード

正位置のキーワード

終わりをむかえる、絶望、破滅、敗北、長い苦しみ、どん底、終局、破局、八方ふさがり、追い込まれる、など。

逆位置のキーワード

一時的に状況が好転する、苦痛からの解放、新しい光が見える、敗者復活、立ち直る、など。

以上、タロットカード小アルカナ『ソードの10/TEN of SWORDS』の解説でした。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

ソードの10 の解説動画

Youtubeでも『ソードの10』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

カード解説リンク一覧

大アルカナ

0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊るされた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ

ワンド:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

関連ページ
error: Content is protected !!