大アルカナ解説

4. 皇帝(エンペラー)タロットカードの意味と象徴の解説

4. 皇帝/THE EMPEROR(エンペラー)タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 7 分で読めます。

タロットカード大アルカナ『4. 皇帝/THE EMPEROR(エンペラー)』の解説です。

※キーワードだけを知りたい方は『4.皇帝(エンペラー)のキーワード・意味 100種類 一覧表』をご覧ください。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

4. 皇帝(エンペラー)に描かれている内容

赤い鎧と衣を身に纏った皇帝は、牡羊のレリーフが特徴的な石の椅子にどっしりと座っています。
そして右手にはエジプト十字の錫を、左手には黄金に輝く地球儀を手にしています。
皇帝の背後には岩山が描かれています。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

皇帝のタロットカード 【意味と象徴を徹底解説】
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。

1.皇帝

『皇帝』は、地位や権威の獲得、支配のために戦う男性的なエネルギーの象徴で、社会的な地位や名誉、成功を意味します。
また、前回の『女帝』が母親(母性)を表すのに対して、『皇帝』は父親(父性)を示します。

立派に蓄えた白い髭は、経験豊富な老戦士の証です。

『皇帝』は目の前の敵を倒す事だけでなく、多民族を治め、民衆を導かなければなりません。
その為、ただ力が強いだけではなく、相手を威圧する為の威厳や人の上に立つ為の指導力、カリスマ、論理的思考や理性的である事など、多角的な能力が必要となります。

2.赤い衣と鎧

赤い鎧と衣は理想や目的を達成する為の情熱や欲望、戦いや闘争を表します。
積極的に自分から行動する事が求められています。

また、鎧は防御することも示しているので、『守る』と言う概念も忘れてはなりません。

3.王冠

頭の王冠は、物質の支配や目的の達成を示します。

4.右手のエジプト十字の笏

皇帝が右手に持っているエジプト十字の笏は、支配や男性性(能動性)を表します。
このエジプト十字はビーナスの象徴のひとつとされており、前回の女帝のカードで出てきた盾と同じく、『愛するモノを守る強さ』の象徴でもあります。

5.左手の地球儀

左手の地球儀は、女性性(受動性)を表します。
また、黄金の地球儀は物質の所有も意味しており、力だけでなく愛によって地球を支配している事を示しています。

6.石の椅子

皇帝が座っている石の椅子の四隅には、火星の象徴である牡羊のレリーフがあり、男性性、闘争心、力、指導者などを表します。

また、グレーの石は、物質的な事柄や試練など世俗的な事を表します。

7.背景の岩山

背景の岩山は困難を表し、皇帝の椅子へ座る為にはそれらの困難を乗り越える必要がある事を表しています。

スポンサーリンク

番号 4 について

『4』は立方体、四角形を表します。その形から『安定』を意味します。
また、物質世界(空間)としての3次元に『時間』の概念をプラスする事で、『4』は現実世界として捉える事もできます。

『安定』は秩序によってもたらされます。
その為、秩序をもたらす『規則(ルール)』を定める事もこのカードは示唆しています。

ちなみに、タロットカードには、小アルカナのシンボルを筆頭に四大元素が所々に出てきます。
ですので『4』は、しばしば強い意味を持ちます。

4. 皇帝(エンペラー)の考察

タロットカード大アルカナの『4番』、統率やトップ(リーダー)を表すカード。
読み方は、『エンペラー』もしくは『こうてい』。

『皇帝』は『女帝』と対になっており、力が顕在化している二つのカードが組み合わさる事で大きな繁栄を生み出します。

ちなみに『魔術師』と『女教皇』も対になっていますが、こちらは力が顕在化しておらず、潜在状態となっています。

椅子に座る皇帝の絵には、特に動きがついていません。その為、自分からせわしなく動き回る必要はありません。

しかし、皇帝のカードが出た場合は、ほとんどの場合において能動的になる事が必要になります。

自分から積極的に動く(指示する)事、感情的にならずに目の前の現実をきちんと見る事、広い視野を持つ事、時には皇帝自ら戦場に出向く事など、国を治める皇帝としての資質を発揮することが求められます。

リーディングとしては、他にも『主導権を握る』『社会的な成功』『父性』などとも覚えておけば良いでしょう。
そして、場合によっては非情な判断が必要になる事も頭に入れておいてください。

『皇帝』は力強く頼もしいカードではあるのですが、逆位置で出ると傲慢なカードにもなります。

『プライドだけが高く実力が伴わない』『支配欲が強く独断的になる』『力づくで手に入れようとする』など、独裁国家の皇帝をイメージすると、リーディングしやすいかもしれません。

4. 皇帝(エンペラー)の正位置のキーワード

頼れる相手の出現、年上の相手、尊敬できる相手、目的の達成、積極的な行動、信念を貫く、社会的な成功、努力が実る、気力の充実、責任感が強い、男性的な視点、理性的・論理的な判断、男勝り、障害を乗り越える、スーツ・男性的なファッション、指導者・経営者、父親への相談、など

恋愛で正位置が出た場合のリーディング例
・頼りがいのある男性との恋。
・形のあるプレゼントが良い。
・ライバルに打ち勝つ。
・仕事や能力を褒めると良し。
・恋愛よりも仕事や社会的な立場を優先する、など。

仕事で正位置が出た場合のリーディング例
・リーダーシップを発揮する時。
・プロジェクトの成功。
・昇進、部下ができる。
・良い上司にめぐり合う。
・経営者視点を持つ事、など。

4. 皇帝(エンペラー)の逆位置のキーワード

独断的になる、高慢になる、無責任、実力不足、根拠の無い自信、経済力が無い、気弱になる、支配欲(束縛)が強い、男性とのトラブル、パワハラ・セクハラ、暴力的、プレッシャーに負ける、無能な指導者(リーダー)、力が衰える、昔のやり方に固執する、過信、権威や肩書きをひけらかす、ファザコンなど

恋愛で逆位置が出た場合のリーディング例
・わがままで自分本位になる。
・金銭的なトラブルに注意。
・思いやり・優しさの欠如。
・見かけ倒しで中身が伴わない相手。
・今は恋愛よりも仕事を重視する時、など。

仕事で逆位置が出た場合のリーディング例
・自分の力不足に気づかず失敗する。
・傲慢な態度で周囲から孤立する。
・メンツにこだわり過ぎて損害が大きくなる。
・今までのやり方が通用しない。
・パワハラやセクハラに気を付ける事、など。

以上、タロットカード大アルカナ『4. 皇帝/THE EMPEROR(エンペラー)』の解説でした。

もっとキーワードを知りたい方は『4.皇帝(エンペラー)のキーワード・意味 100種類 一覧表』をご覧ください。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

超簡単なフールズジャーニー(愚者の旅)

皇帝のカードは、正位置で権力を手にする為の男性的な強さを求め、逆位置でその権力、支配力が衰退します。

力が衰えた時、神への信仰が始まります。

次回は『5.法王/THE HIEROPHANT(ハイエロファント)』のカードです。

4. 皇帝(エンペラー)の解説動画

Youtubeでも『皇帝(エンペラー)』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

カード解説リンク一覧

大アルカナ

0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊るされた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ

ワンド:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

関連ページ
error: Content is protected !!