小アルカナ解説

ワンドの6/SIX of WANDS タロットカードの意味と象徴の解説

ワンドの6/SIX of WANDS タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 5 分で読めます。

タロットカード 小アルカナ『ワンドの6/SIX of WANDS』の解説です。

※キーワードだけを知りたい方は『ワンド6 キーワード・意味 100種類 一覧表』をご覧ください。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ワンドの6 に描かれている内容

月桂樹の冠を被った男性が冠と同じ月桂樹のリースをつけたワンドを持ち、仲間と一緒に進みます。

彼が乗る馬はどこか怪訝な表情をしているようにも見えます。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

SIX of WANDS/ワンドの6
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。
※解説の都合上、同じ番号が複数あります。

1. 馬に乗る人物

彼のアタマと手に握るワンドについている月桂樹は、勝利や栄光を意味します。
黄色の服の上から赤いマントを着ており、希望と情熱にあふれていることを示唆しています。

一人だけ馬に乗っている姿から、リーダーシップ、統率などと捉えることができます。

彼の乗る馬は首から下が緑のマントで覆われています。
さらに、この馬にはたてがみもありません。

ライダータロットデッキでは、このワンドの6以外に、大アルカナの死神と太陽、小アルカナのそれぞれのナイトのカードに馬の絵が描かれていますが、たてがみが無く首から下が描かれていない馬の絵は、このワンドの6のカードのみです。

そのせいもあって、この馬は作りものだと言う説があります。
あまり言及されることはありませんが、何かしらの意図があってのこの馬の絵だと思いますので、何か意味を持たせてもよいのではないかと思います。

この馬の寓意画は、『布で覆われた作り物の馬の中に仲間が入っている』と解釈する事も多く、『トロイの木馬』を連想させる象徴にもなっています。

また、馬の中に人が入っている事を前提としてカードを見ると、お芝居のワンシーンのようにも見えてきます。

2. 周囲の仲間

これは、そのまま仲間、協力者と考えることができます。
自分ひとりでの勝利では無いこと、みんなの力を合せて勝利することを暗示しています。

スポンサーリンク

ワンドの6 の考察

ワンド(棍棒)のスート、6(数字)と関連付けられている事象

ワンドのキーワード エネルギー、活力、成長、創造、情熱、など
四大元素・精霊 火・サラマンダー
6 協調、コミュニケーション、バランス、など。

※小アルカナのスート、数字などの基本解釈は 小アルカナ解説をご覧ください。

ワンドは、四大元素の火と関連があるため、情熱、熱意、エネルギーなどを表します。
また、男性性の象徴でもあり、主に能動的な動きを示唆します。

『6』は協調、コミュニケーション、バランス、などを意味する数字です。

スートと数字、カードの寓意画から受け取ることができる意味としては、活力、情熱、協調、勝利、達成などです。

正位置の場合、大きくは勝利、成功を意味します。

このカードの寓意画は、戦いに赴く姿とも取れますし、戦いに勝利し凱旋帰国する姿とも取れます。
どちらにせよ、カードの右側に向かって進む姿ですから、未来に向かうポジティブなカードであることは間違いありません。

また、馬に乗る人物の勝利を疑わない信念が周囲に影響を与え、仲間が集まったという捉え方もあります。
勝利は棚ぼたで手にするのではなく、自分の勝利を信じて疑わない強い心と行動が大事であると言うことも忘れてはいけないでしょう。

ただし、馬の絵に秘密があるように、何かしらの足元をすくわれるモノやコトが隠れているかもしれません。
勝利の暗示だけでなく、油断大敵の意識も忘れてはならないようにしましょう。

逆位置の場合、『敗北』と捉えることが多いようですが、僕は敗北ではなく、『勝利できない、結果が出ない』と言った、敗北とは少し違うニュアンスでリーディングします。

また、自分の弱さの露呈、仲間をまとめ上げるリーダーシップを発揮できない、周囲の協力を得られない、手を貸してくれないなどとも受け取ります。

カードを逆にすることで、進行方向が左になるので、過去の栄光にすがるなどとも解釈ができます。
馬の隠れた部分から、疑惑やごまかし欺くなどとも捉えることができます。

※参考:タロットカード逆位置の考え方とリーディングのコツ

ワンドの6 のキーワード

正位置のキーワード

勝利、成功、チームワーク、リーダシップを取る、優位な状況、吉報が届く、信念を持っての行動、油断大敵を忘れないこと、物事が前に進む、など。

逆位置のキーワード

勝利に届かない、結果が出ない、劣勢に陥る、前に進まない状況、期待外れ、周囲から認めてもらえない、悪い知らせが入る、無理やりリーダーにされる、疑いを持たれる、など。

以上、タロットカード小アルカナ『ワンドの6/SIX of WANDS』の解説でした。

もっとキーワードを知りたい方は『ワンド6 キーワード・意味 100種類 一覧表』をご覧ください。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

ワンドの6 の解説動画

Youtubeでも『ワンドの6』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

カード解説リンク一覧

大アルカナ

0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊るされた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ

ワンド:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

関連ページ
error: Content is protected !!