小アルカナ解説

ワンドのクイーン/QUEEN of WANDS タロットカードの意味と象徴の解説

ワンドのクイーン/QUEEN of WANDS タロットカードの意味と象徴の解説

このページは約 5 分で読めます。

タロットカード 小アルカナ『ワンドのクイーン/QUEEN of WANDS』の解説です。

ウエイト版タロットカードをお持ちの方は、ご自身のカードを見ながら解説をお読みいただく事をオススメします。

当サイトの解説を参考にブログやnote等を書く方は、引用処理やリンクを貼ってくださるようお願い致します。

サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は、固く禁じております。
発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ワンドのクイーン に描かれている内容

左手にひまわり、右手に棒を持った女王が、獅子の描かれた椅子に座っています。
彼女の前には黒猫が座っています。

寓意・象徴(シンボル)の意味と解釈

QUEEN of WANDS/ワンドのクイーン
左が元のカード、右の番号が下記のシンボルです。
※解説の都合上、同じ番号が複数あります。

1. ヒマワリと、獅子の椅子

ヒマワリは太陽の象徴であり、生命力や誕生を意味します。
ワンドの性質『活力』を表わしていると捉えられます。
大アルカナ『19.太陽』にも描かれており、同じような意味で考えるとよいでしょう。

獅子は本能、欲望を意味します。
赤い色で描かれていることから、本能のままに、と捉えることができます。
もう少し柔らかい表現をすると、思うまま、考えるままにといった所でしょう。

受動性を意味する『女王』が『椅子に座っている』ことからか、占星術の不動宮、獅子座と結びつける場合もあるようです。

[スポンサーリンク]
VoCEコスメランキング洗顔料部門 第1位!「どろあわわ」ほぐし洗顔で透明やわらか肌へ

2. 女王の座る姿

ワンドの女王は、他のコートカードの女王に比べ、足を開いて座っています。
このことから、性的なエネルギーを強調していると受け取る場合もあるようです。
ちなみにウエイト先生は、このカードのキーワードのひとつに『貞淑』と挙げています。

3. 黒猫

魔女の使い魔と捉える場合、直感(本能的なもの)が優れていることや、それに従うことを意味します。女王の性格や性質を意味すると考え、愛らしさやしなやかさなど、女性の『魅力』と捉える場合もあります。

スポンサーリンク

ワンドのクイーン の考察

ワンド(棍棒)のスートとクイーンのコートカード

ワンドのキーワード エネルギー、活力、成長、創造、情熱、など
四大元素・精霊 火・サラマンダー

※小アルカナのスート、数字などの基本解釈は 小アルカナ解説をご覧ください。

ワンドは、四大元素の火と関連があるため、情熱、熱意、エネルギーなどを表します。
また、男性性の象徴でもあり、主に能動的な動きを示唆します。

クイーンのコートカードは、リーディングにおいて人物を特定する必要がある場合、既婚女性(または大人の女性)を表わします。
もちろん、概念としての『女性』という意味も含まれており、女性的な男性や受動的な人も含みます。

一般的には、創造性、感情、受容、女性性、内向的、などを象徴します。

コートカードはスートとの結びつきが強く、カードに描かれているシンボル(寓意)の多くは、スートの特徴を表わすものとなっています。

[スポンサーリンク]
ロリポップなら月々110円から!WordPressも簡単インストール!
占い師のホームページやブログの作成にも最適♪

ワンドのクイーンは、ペイジやナイト、キングのコートカードと違い、女性性の性質が含まれます。
女性ならではの思考や視点とともに、母性がキーワードのひとつとなります。

ウエイト先生は、『愛らしく、親しみやすく、貞淑。尊敬できる。』と解説しています。

直接、女性と関連の無い相談ごとで、このカードが出たとしても、非常にポジティブな捉え方ができると言えますね。

逆位置の場合は、母性がよくない方向に働き、マザコン、嫉妬、不貞などと捉えることができます。
また、女王様気取り、高飛車など、女性性のネガティブな部分が強調されます。

※参考:タロットカード逆位置の考え方とリーディングのコツ

ワンドのクイーン のキーワード

正位置のキーワード

魅力あふれる女性、情熱的な女性、親しみやすい、気さく、女性の上司やリーダー、母性、献身的、尊敬、開放的、魅力的、暖かさ、愛情、など。

逆位置のキーワード

魅力や可愛げがない、嫉妬や執着、わがまま、過度に干渉する、マザコン、母親に難あり、責任転嫁、プライドが高い、不誠実、不貞、など。

以上、タロットカード小アルカナ『ワンドのクイーン/QUEEN of WANDS』の解説でした。

僕自身のオリジナルの解釈部分もあるので、書籍や他の占い師さんとは見解が違う場合があります。
また、占う内容や、カードの位置がどういう意味を持っているか、前後のカードとの関係により、リーディング内容も変化することを忘れないでください。

ワンドのクイーン の解説動画

Youtubeでも『ワンドのクイーン』の解説をしています。
内容は基本的に同じです。

カード解説リンク一覧

大アルカナ

0.愚者1.魔術師2.女教皇3.女帝4.皇帝5.法王6.恋人7.戦車8.力9.隠者10.運命の輪11.正義12.吊るされた男13.死神14.節制15.悪魔16.塔17.星18.月19.太陽20.審判21.世界

小アルカナ

ワンド:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

カップ:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ソード:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

ペンタクル:ACE2345678910ペイジナイトクイーンキング

関連ページ
error: Content is protected !!