三碧木星

九星気学

三碧木星(さんぺきもくせい)の特徴と象意

心斎橋の占い師「現 道晶」の九星の象意解説。今回は三碧木星です。三碧木星は「木」の精気を持ち、春と発芽や新芽、若木などを表します。陽光を受け、芽が出て育つ様子から、若さ、発展、変化、自立など、成長に関係する象徴があります。 さらに三碧木星は、雷の天象を示します。天と地の間で放電し、光と音を遠くまで響かせる雷鳴は、一瞬の強大きなエネルギーを意味します。
テキストのコピーはできません。