占いに対する考え方

占いに対する考え方

凶方位の種類と意味について

九星気学には「吉凶は動より生ず」と言う考え方があります。簡単に言うと吉凶や運気の上がり下がりは、人が移動(行動)する時の方角(方位)によって生まれると言う考え方で、引っ越しのような人生の中で転機となる重要な移動はもちろん、旅行などのレジャー、通勤通学、出張などの日常的な移動でも、方角の影響を受けると考えられています。
占いに対する考え方

同じ手相(占術)なのに、なぜ人によって言うことが違うのか?

心斎橋の占い師「現 道晶」の手相術。今回は、同じ手相(占術)でも占い師によって観かたが違うよ!ってお話です。もっと言えば、手相だけに限らず、タロットも占星術も四柱推命も九星気学も、まぁ、どんな占いでも占い師によって見方がバラバラと言うお話です。
占いに対する考え方

占いは「命・卜・相」(めい・ぼく・そう)の3種類に分類される

心斎橋の占い師「現 道晶」が占い講座。占いには、タロットや占星術、四柱推命、九星気学、手相や姓名判断など、色々な種類がありますが、実はそれらの占術も、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)のいずれかにカテゴライズされます。
占いに対する考え方

運勢はお好み焼きと同じ仕組みで出来ている!

今回、お好み焼きの写真を載せていますが、内容はお好み焼きの話しではありません。 きちんとした占いの話しです。 さて、ブタ玉、イカ玉、ミックス焼き、モダン焼きなど、お好み焼きにはたくさんのメニューがありますが、お好み焼きを作る上で欠かせない材料と言えば、「生地(粉)」「キャベツ」「ソース(出来上がった後に塗ったりかけたりするもの)」の3つかと思います。
占いに対する考え方

○○した方が良いですか?と言う相談(占い)について

よくある、ご相談内容のひとつに、「○○した方が良いですか?」と言うのがあります。ツイッターで、とある占い師さんが、「した方が良い事なんてない」、「したいようにすればいい。この問いにそれ以上の回答は無い。」と言う趣旨のツイートをしていて、そこにたくさんの「いいね」がついていた事に、少し残念な気持ちになりました。
占いに対する考え方

当たりますか?は、占い師に聞いて失礼な事?

以前、ツイッターで、とある占い師さんが、「占い師に当たりますか?」って聞くのは、タクシーの運転手に「事故しませんか?」って聞くのと同じくらい失礼な事!ってツイートしていました。
占いに対する考え方

占いで何がわかるの?「占いの定義とポリシー」

四柱推命や占星術、手相、人相、姓名判断、タロットカードに易、トイレットペーパー占い、など、占う方法は色々ありますが、そもそも「占い」とは何なのでしょうか。「占い」と聞いてイメージするものは、ほとんどの方が似ているとは思いますが、実は占い師によっては、微妙に「占いの定義」が違う場合があります。
テキストのコピーはできません。