関連コンテンツ&スポンサーPR

【占い師の日記】恵方巻きはうどんと一緒に食べたいよなぁ

節分 日記・雑記
この記事は 約2 分で読めます。

こんにちは。心斎橋の占い師「現 道晶@gen_micihiaki)です。

2019年2月3日。今日は節分です。
今年も豆を年の数だけ食べて、恵方巻きをガブっと一気にいただきました。

 

View this post on Instagram

 

現 道晶さん(@gen.michiaki)がシェアした投稿


毎年思いますが、お寿司はうどんかお蕎麦、もしくはお味噌汁などの汁物と一緒に食べたいです。
恵方を向いて食べるのも黙って食べるのもいいけど、お寿司を食べきるまで他のモノを食べてはいけないってのが辛いですよね。

美味しいお寿司は美味しくいただきたいです!

豆まきは歴史があってバカにできないですが、恵方巻きの丸かじりはバレンタインのチョコレートと同じく、出どころがその業界の販売促進がきっかけなんで、律儀に食べ方を守る必要は無いよなーと思います。

歳徳神(恵方にいらっしゃる神様)からしたら、一気に食べようが途中で何か別のモノを食べようが、どうでもいいんじゃないだろうか。

だけど、なんだかんだで「縁が切れる」なんてことを考えたら、途中で食べるのをやめれられないのも事実。とんでもない縁起を担いでくれたもんだ。

ちなみに今年は仕事が終わった後、心斎橋商店街の元禄寿司で巻き寿司を買って、サロンで食べました。

で、その後、なんとなくグーグルで「恵方巻き」と検索したら、トップに出てきたのが恵方巻きの大量廃棄問題のニュースでした。
うん。縁起担いで食べた後に、こんなニュース見たら凹むよね。
と言うわけで、ブラウザはそっ閉じ。

検索なんてしなかったかのように、改めて無病息災、良縁成就、商売繁盛を東北東に向かってお祈りしました。

来年も美味しい巻き寿司が食べられる節分でありますように♪

占い師の現
占い師の現
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
関連コンテンツ&スポンサーPR
関連コンテンツ&スポンサーPR
テキストのコピーはできません。