スポンサーリンク

タロット占いについて

タロットカード タロットを独学で学ぼう
この記事は 約9 分で読めます。

タロット占いについて

こんにちは。心斎橋の占い師「現 道晶」です。

占いにお越しになるお客様の中に、私もタロット占いができるようになりたいです。と言う方がいるので、タロット占いについて簡単にまとめてみました!

1. タロット占いとは?

タロット占いとは、タロットカードと呼ばれる78枚のカードを使った占いの事です。
カード1枚1枚それぞれに色々な絵が描かれています。

タロット(Tarot)、あるいはタロットカードは遊戯や占い(タロット占い)などに使用されるカードのこと。78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられる。

アルカナとはラテン語で「秘密」とか「神秘」と言う意味です。

「アルカナ」とは、ラテン語でarcanum=アルカーヌムの複数形であり、「机の引き出し」の意味から、引き出しに「隠されたもの」をさし、さらに転じて「秘密」「神秘」などの意味になった。

ちなみにタロットの78枚のカードは大アルカナと小アルカナに分かれていますが、ここで言う大小はカードのサイズ(寸法)の事ではありません。カードの大きさは78枚全部同じです。

大アルカナ:寓意画(ぐういが)が描かれた22枚のカード。
小アルカナ:棍棒、聖杯、剣、金貨の4種類に分けられた56枚のカード。トランプに似ています。

2. タロットカードには色々な種類があります。

一般的にタロットカードと言えば、「マルセイユ・タロット(マルセイユ版)」か「ライダー・ウェイト・タロット(ウェイト版)」のどちらかを指します。

マルセイユ版タロット
マルセイユ版タロット
↑マルセイユ・タロット。上が大アルカナ、下が小アルカナ棍棒のカード。マルセイユの小アルカナはトランプのカードのように数字で構成されています。

ライダータロット
ライダータロット
↑ライダー・ウェイト・タロット。上が大アルカナ、下が小アルカナ棍棒のカード。ライダー版の小アルカナは大アルカナと同じく寓意画が描かれています。

大アルカナ、小アルカナのカードを3枚づつ並べてみました。
大アルカナの絵はマルセイユ版もライダー版も寓意画が描かれているので似ていますが、小アルカナは描かれている画が違いますね。

マルセイユタロットの小アルカナは、トランプのような数字を表す画なので、見ただけではカードの意味が分からないと思いますが、ライダータロットは人物や風景などが描かれているので意味を読み取りやすいと思います。
ですので、初めてタロットカードを購入する場合、「ライダー・ウェイト・タロット」がおすすめです。解説本もたくさん出ていますので、勉強もしやすいと思います。

加えて、「ライダー・ウェイト・タロット」は、色々な絵師さんが描いたものが出ていますので、絵柄でカードを選ぶ際にも選択肢が広がります。

ちなみに、この2種類のタロット以外にも、「トートタロット」「OSHO禅タロット」「イーチン・タロットカード」などがありますが、初心者の人にとっては、これらは似て非なるものだと考えた方が良いでしょう。これからタロットを勉強するつもりの人は、まちがえて購入しないように気を付けましょう。

3. タロット占いで占える事

占い師によって占える内容は変わってきますが、初心者の方でも占いやすい(当りやすい)のが、人の心情(意志)にかかわる問題や悩み、選択の迷い、行動の吉凶などです。
具体的には、恋愛に関するさまざまな悩み(片思い、三角関係、不倫、結婚、離婚)を筆頭に、就職、転職、仕事場の先行き、職場内での人間関係、家庭内のトラブルなどです。
日常生活の中で起きやすい問題や悩みは、ほぼ占えると思ってよいでしょう。

また、「AとBではどちらが良いか」なども占う事ができますし、自分が行おうとしている行動の良し悪しを占う事もできます。慣れてくると、その日、その週、その月の運勢を占う事などもできるでしょう。

ただし、占う際にはできるだけ、占いたい内容を明確に、具体的にしてください。
「恋愛について」と漠然と占うよりも「○○君との恋はうまくいくか?」と占う方が答えも明確になります。さらに、「○○君に告白するとどうなるか」など、自分が行動しようとしている事を占うのも良い方法です。

もちろん、好きな人や恋愛対象がいない場合もあると思います。しかし、その場合も、「恋愛について」では無く、「半年の間に恋人はできるか?」や「次の合コンに恋愛のチャンスはあるか?」など、より具体的な内容を占うようにしましょう。

「占う内容を明確にする・具体的にする」これ、大事です!!

次に占う事が難しい(当りにくい)内容ですが、失せ物、探し人、自然現象など、自分の意志や行動で結果が変わら無いものは、占ってもなかなか当たることはありません。さらに、単純に物事を当てる為の占いも、タロット占いには向いていません。

具体的に言えば、失くした財布がどこにあるか?や、地震の起きる場所、テストの点数、転勤先は何処になるか、宝くじやロト6などの当選番号、などです。

もちろん、占う事自体はできますが、これらはプロのタロット占い師であっても、ほぼ当てる事はできません。もちろん、何度も占っていれば、1度や2度、当たる事はあるでしょう。僕もあります。しかし、コンスタントに当てる事ができるかと言うと、はっきり言って不可能です。何でも占えると豪語する占い師はたくさんいますが、「占える」=「当たる」ではないと言うことを覚えておきましょう。

基本的にタロット占いも占いである以上、「当たるも八卦当たらぬも八卦」です。
占いの結果に囚われすぎたり、依存しすぎないように注意しましょう。

4. タロット占いの結果、何がわかるの?

同じタロット占いでも、並べるカードの枚数や配置方法によって、カードが教えてくれる内容は変わります。一般的には、占った内容に対しての現在の状況を中心に、過去(原因・発端)、未来(結果)、について知る事ができます。また、あなた自身が気づいていない隠れた気持ち(潜在意識)や周囲の状況などを知る事もできます。慣れてくると、他者との相性や適性なんかもわかります。

ただし、タロット占いで導き出される結果は、決して未来の予言ではありません。
必ず、その結果になると言うよりも、タロットカードからの啓示、タロットカードが暗示する未来だと考えると良いでしょう。

タロット占いで出た結果を活かすも活かさないも、自分自身だと言う事を忘れないでください。

5. 何年先の事まで占えるの?

占おうと思えば、10年先でも20年先でも占う事は可能ですが、基本的に3ヶ月~半年、長くて1年先を占う事が一般的です。

タロット占いは、現在(いま)を基準に占います。その為、現在の状況が変れば、導き出される結果も変わります。(変わらない事もたまにありますが)

現在のアナタと一年後のアナタは同じではありません。
確実に年齢を重ねますし、知識や経験も増えていくでしょう。ひょっとすると価値観も大きく変化しているかもしれません。

また、アナタ自身だけでなく、アナタの周囲も変化していきます。友人や家族の変化はもちろん、社会情勢や流行なども変わります。今は当たり前で無いものが、10年後には当たり前になっていたりするわけです。

10年先、20年先を占ったとしても、あくまでも現時点での占い結果だと言う事を忘れないでください。未来は決まっているわけでは無いですからね!

基本的に、
タロット占いは、遠すぎる未来よりも、目の前の問題や悩み事を占うに適しています。

6. タロット占いをする上での注意事項

1. 短期間で同じ質問を何度もしてはいけない。
いわゆる、「良い結果が出るまで同じことを何度も占う」と言うのはNGです。
良い結果が欲しいと言う気持ちはわかりますが、これをやってしまうと、占う事そのものに意味がなくなります。3回占って、一番良い結果を採用するとかも無しです。

では、どのくらいの期間を空ければ同じ内容を占って良いかと言いますと、これは占い師によって答えが変わってきます。

僕の場合、最低3ヶ月、できれば半年空けてくださいとお伝えしています。ただし、何かしらの理由で、心情や環境が大きく変化した場合は、1ヶ月後に占う事もOKとしています。

余談になりますが、占いには、卜術、相術、命術の3種類があり、タロット占いは卜術の一種になります。

卜術
なんらかの道具を用いて「今、この瞬間に偶然に出た結果(カードの絵柄やサイコロの目など)」から、出来事や運命の行方、物事の吉凶を推理していく占い。西洋の卜術として有名なものは「タロット」、東洋の卜術として有名なものは「易」がそれぞれ挙げられる。

卜術と呼ばれる占いは、結果を偶然性に求めます。ですので、その偶然性を歪めてしまうような事はしないようにしてください。

2. 嘘や試すような事はしない。
タロットカードで占う際、「自分の心の内を当ててみろ」と言うような気持ちで占わないようにしてください。
自分の心に正直になって、タロットカードに本音をぶつけましょう。
不思議なモノで、歪んだ気持ちで占った場合、その歪んだ気持ちを元にした結果が出る事が多々あります。これでは、何の問題解決にもなりませんし、タロット占いをする意味もありません。

タロット占いをする際は、タロットカードに心を開くようにしてください。
ATフィールドは張っちゃダメ!

7. タロット占いを勉強する上での留意事項

タロットカードの意味や占い方を勉強する為、複数の本やホームページを見ていると、「あれ?書いてる事が違うぞ?」となる事があります。どっちが正しいねん!と僕も最初はなりました。

結論から言うと、タロットカードの解釈や占い方は、占い師によってさまざまです。
78枚のカード全ての解釈の仕方が人によって異なると言う事はありませんが、比較的、解釈が分かれやすいカードは何枚かあります。

ですので、必ずこういう意味で覚えなければいけない。とか、この並べ方をしないといけない。とか、あまり気にしなくて大丈夫です。

最初は自分の覚えやすいように覚えれば良いと思います。
何度も何度も占っていくうちに、こっちの解釈の方がしっくりくるな。とか、この意味の方がよく当たるな。とか、自分のやりやすい形が見えてくると思います。

そういう意味では、タロット占いは自分独自の占い方ができる、非常に自由な占い方法だと言えます。

これから少しずつ、このブログでタロット占いが学べるような記事を上げていきたいと思います。

みなさんも、ぜひタロット占いを学んでみてはいかがでしょうか?

占い師の現
占い師の現
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
(無断転載は法律違反です。発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
テキストのコピーはできません。