スポンサーリンク

鼻づまりが酷かったので耳鼻科へ行きました。

ティッシュ 日記・雑記
この記事は 約3 分で読めます。

こんにちは。心斎橋の占い師「現 道晶」です。

ティッシュ

占い師の現
占い師の現
鼻づまりが止まりません!

と言うわけで、午前中に耳鼻咽喉科へ行ったのですが、そこで「鼻中隔湾曲症」と診断されました。

約50日ほど前の12月アタマに鼻づまりがひどくなったのですが、単純に寒いからだと思ってました。

最初は2~3日で治まると思ってたんですが、10日ほど経っても全然治らなくて、なんとなくおかしいと思ってたんですよね。

一応、ドラッグストアで点鼻薬と飲み薬を買ってたんですけど、鼻づまりの症状を抑えるだけで全然治らない。

病院に行こうかと思いましたが、元々、病院が苦手なのと、年末年始と言う事もあって、そのうち治るだろうと放置してました。

正月も終わって2週間ほど経っても、鼻水の親分的な何か(注:イメージです)がずっと鼻の中に居座っている感じで、いよいよ病院かと思いながらも、いつ行こうかとのんびり構えてました。

ちなみに鼻づまりは左の鼻だけで、右は特に問題ありません。

で、のんびり構えてたんですけど、昨日来てくれたお客さんから、それ「副鼻腔炎」やと思うでと言われ、お客さんの友人は副鼻腔炎がひどくなって、すごい手術して大変やったみたいな、怖い話しを聞かされて、ちょっとビビりました。

すぐ病院に行った方がいいと言われ、チキンな僕は翌日の今日、朝から近くの耳鼻咽喉科へ行ったわけです。

病院ではレントゲンを含め、軽い検査をしてくれました。

自分では副鼻腔炎だと思ってたので、薬で治るだろうと考えてたのですが、先生からの

説明に副鼻腔炎の話しは一切出ずに、鼻の骨(軟骨)が少し曲がっていて、それが原因みたいな事を言われました。

で、あえて病名を付けるとしたら「鼻中隔湾曲症」って名前になると言われました。

手術をしたらすぐに治ると言われたんですが、その手術が大変らしくて、とりあえず様子を見てこのまま治る、もしくは良くなるのであれば手術も必要ないとの事でした。

鼻づまりの絵 鼻づまりの絵
↑ 検査&治療後にレントゲンと一緒に先生が絵に書き込みながら詳しく説明してくれました。

ちゅーか、イラストの顔怖すぎるやろ!
トラウマレベルやん!(汗)

で、しばらく通院して様子見ましょうって事になったのですが、薬も出ないし次は適当に来てくれたらいいって感じで、次回予約も取られる事無く帰ってきました。

これホンマに治るん.・・・?

薬も嫌いやけど、出なかったら出なかったで不安になるやん・・・。

なるべく小まめに通って、早めに治せるようにしたいと思います。

占い師の現
占い師の現
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
(無断転載は法律違反です。発見次第、然るべき措置を取らせて頂きます。)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

占いサロン「現の部屋」までのアクセス

占いサロン「現の部屋」へは、地下鉄(Osaka Metro)の心斎橋駅(御堂筋線)、長堀橋駅(長堀鶴見緑地線)のどちらからでも徒歩3分でお越しいただけます!

改札を出ると、大阪心斎橋の地下街クリスタ長堀に直結していますので、雨の日でもほとんど濡れる事なくお越しいただけます。

※少し時間はかかりますが、難波駅(南海線、近鉄線、地下鉄)から徒歩でお越しいただく事も可能です。(徒歩15~20分)

心斎橋駅および長堀橋駅からの詳しい道順はこちらからどうぞ。

占いサロン「現の部屋」★完全予約制★
所在地:大阪市中央区南船場2丁目5-13 心斎橋スポット21-705号
最寄駅:地下鉄/心斎橋、長堀橋 徒歩4分

テキストのコピーはできません。